【一部加筆修正あり】TuneCore JapanとBIG UP! 音源配信するならどっち!?~ざっくりと比べてみた~【2021/06/17更新】

【2021/06/17】

歌詞に関しての追加、誤植の修正を行いました。
日本語がおかしいのはめんどくさすぎるので治しませんごめんなさい

やぁ。

それなりに時間かけてなんとなく比べてきて纏めてみたいと思ったので思いつきで書いてます
先に結論だけ書いておきますね

利益が得られると思うなら圧倒的にTuneCore
かゆいとこにも手が届く。お金があったりクーポンがあるならおすすめ。

趣味程度で配信してみたいと思ったり利益は得られそうにないけど
とにかく今後の活動のために残しておきたい。と思うならBIGUP
かゆいところに手が届かないけど人によっては無料で永年配信できるし仕方ないかな・・・?というタイプ。

といったところでしょうか。

新型コ(名前の出せない感染症)の影響で2020年の5月末頃までTunecoreでは【アルバム形式でもシングル形式、その他Tunecoreが提携しているサービス】三年間(一年間)配信無料というクーポン、Bigupでも【アルバム形式でもシングル形式でも】有料プラン一年間無料
というクーポンが配られていました。

以下、個人的な考えと比較です。

配信審査

Tunecoreでは配信が鬼のように早いです。
前にも記事を書きましたが(こちら)私の場合は平日の昼間に配信申請をだして一時間後には【配信手続き開始】のメールが来ました。
次の日には大体のストアで配信されてます。

BIGUPは配信審査に3~5日かかります。
配信ストアに出る日もバラバラです。
(公式の【よくある質問】や【配信申請を出すときの日付を決めるタイミング】でそのような文言があります)
最近、私も無料クーポンがあったのでBIGUPで配信したのですが、7月11日にはほとんどのストアで配信されているのにGooglePlayMusic、YouTubeMusicに配信されたのは13日頃でした。

かゆいところに手が届く・・・?とは・・・?

色々なアーティストが居る時代。名前がかぶってしまうこともあります。そうなった時、
様々なストアで海外のアーティストと併合されて表示されてしまう・・・なんてことも。これは仕様です。

が、Tunecoreは問い合わせをするとページを分けてくれます。まさにかゆいところに手が届く。

様々な楽曲をリリースしている場合アーティストページのURLを貼れば「これが俺の音楽だ!」と沢山の人に広められるので簡単だったり、最新作を出した場合でも「他の曲も聞いてみよ~」と、なりやすいです。
多分。

BIGUPの場合は名前がかぶってしまっても許してね!対応できないよ!と【よくある質問】に記載があり、
私も似たようなことがあったためメールで問い合わせをしましたが「ソレはできねえ!」と言われました。
(本当はもっと丁寧でした。こんなに対応酷くないです。)
(よくある質問に書いてあったのにわざわざ問い合わせして申し訳ございませんでした。。。)

YoutubeをOAC化(Official Artist Channel)(名前の横に音符マークが付いてるやつ)してあっても対応できねえわ・・・すまんな・・・とメールが来たのでちょっと泣きました。

追記 YoutubeでOAC化してある場合はOAC化してあるチャンネルと紐付いているGoogleアカウントから英語でメールを送りましょう。楽曲のISRCと新たに作られてしまったトピックチャンネルと自分のOAC化してあるチャンネル(音符マークが付いていて自らが動画投稿できるやつ)と紐付いているトピックチャンネルのURLを送ってこれどうにかして!と英語でメールで送れば一週間ぐらいで解決してくれます。めちゃくちゃ優しい。

AmazonMusicでもアーティスト権限持ってれば簡単です。TunecoreJapanから配信していればアーティスト権限を簡単に取得できます。

https://artists.amazon.com/から楽曲が本来配信されるはずでアーティスト権限を持っている方にログインし右上のアイコンをクリックすると【問題を報告】と出てくるのでそこをクリックし手順通りに進めていけば終わりです。

アプリの場合でもアーティスト権限を持っている方でログインするまでは変わらず、右上の︙をタップすると【問題を報告】と出てきます。

アーティストページが別れてしまうと自分のチャンネルや自分が管理しているAppleMusic,Spotifyなどに表示されなくなってしまうので非常に厄介です。
どうにか対応できるようになって欲しいなぁ・・・

あとBIGUPではハイレゾ音源が配信できません!できるのはTunecoreを介してのみ!今のところは!
MV配信もTunecoreならApple Music、レコチョクMUSICストア、dミュージック、GYAO!、LINE MUSICでできます!

海外に配信できるの・・・?

BiGUPもTunecoreも基本的なところでは海外サイトにも対応しています。
Amazon系、Spotify、YoutubeMusic、
ContentsID、Deezer、TikTok, Facebook/Instagramがあります。
ただ、今の所Tunecoreだけ中国の配信サービス、Tencent、NetEase、TikTokの収益化にも対応しています。

歌詞

Tunecoreが先に対応し、後からBIGUPが対応しました。

主要な音楽サービスの

AppleMusic,LINEMUSIC,AmazonMusic,Spotify,レコチョク

Tunecoreではここに上げた5つ全てに対応していますがBIGUPのみAppleMusicに対応していません。

歌詞の同期

文字が下に流れていくやつです。

Tunecoreでは自分でタイミングよく【セット】と書かれたボタンを押して次の行の歌詞に送らなければいけませんが、BIGUPは【同期歌詞自動納品サービス】というものを始めており、歌い始めの秒数と歌い終わりの秒数を指定するだけで、わざわざ【セット】を押さなくても自動で歌詞を次の行に送ってくれます。すっご。

実際自分も使ったけどタイミングぴったりでした。助かる~

AppleMusic対応してないのが残念だけど。

詳しくはこちら

「BIG UP!」にて同期歌詞自動納品サービスをスタート!

株式会社ソケッツの提携する配信ストアへの歌詞連携がスタート!

配信済楽曲の歌詞連携についてのご案内

歌詞配信設定したのに一部のサイトでされてない。。。

TunecoreでもBIGUPで配信しても一部のサイトで配信されていないことがあります。

私はAmazonMusicで配信されていませんでした。

AmazonMusicの場合はどちらで配信していても
反映されていないアーティストの方が多いです。しゃーない。

まとめ

Tunecoreは無料で配信できません。(クーポンがある場合を除く)
しかしほとんどの人が利用料を払っているためにたくさんのサイトに配信ができたり、かゆいところに手が届いたりするのだと思います。
オーディション情報がちょこっとずつメールやダッシュボードに来ます。
更新料払い忘れたら配信止まっちゃうけど。

BIGUPは無料で配信できますし更新を忘れても配信が続けられます。
最悪自分が死んでもその曲は残り続けます。
音楽版権登録もできるし(JASRAC)、音楽版権登録をしていて曲がめちゃくちゃ売れたらカラオケ配信できちゃったり、(多分)
オーディション情報なんかもたくさん載ってたりするしBIGUPで配信した曲をもとにたくさんのオーディションに出ることもできます。

両会社ともに配信サイトのURLを自動で纏めて楽曲に直接飛べるサービス(TunecoreはLinkcore)(BIGUPはSMARTLINK)というサービスがあります。
正直【かゆいところに手が届く】のところは特別なことがない限りこのリンクから音源に飛べばなんてことないと思います。

無料で配信できて売上の50%をいただけるBIGUPも、
数千円払えば売上の80%をいただけるTuneCoreも非常に魅力的だと思います。

自分の作った音楽を世に発信しやすくなった理由とも言えるであろうディストリビューター。
ここで紹介した2つ以外にも様々なサイトがあります。

あなたの音楽を世界に広められるきっかけの一つになれば幸いです。

Tunecoreで楽曲配信をしたい方でまだに会員登録をしていない方がこの記事を読んだならこちらから登録して配信をするとシングル配信一年分半額クーポンが配布されます。(無料クーポン使用の場合は対象外)

(どなたが使用したかこちら側は一切わかりませんので気にせず使ってください!!!)

↑のバーナーから会員登録から配信手続きをしていただくと初回シングル配信1年が50%OFFになるクーポンがもらえます。

BIGUPは紹介料など今のところないので宣伝することないです!

って言おうと思ったけど私の友人がBIGUPで最近配信申請出して無事通って配信されているので良かったら聴いてください。
星屑 – 二宮涼
https://big-up.style/584n5c5BIv

Track3、オルゴールで1分しかないので「貴様の友人の声など聞きたくねえわ!」って人はTrack3を聴いてください(星屑 – MusicBox.ver)